お引き渡しまでの流れ

お気軽にご相談ください

01. お問合せ

住宅の新築・リフォーム、公共施設、商業施設などすべての建築設計に関することはメール、電話などを利用してご相談ください。
キッチン・家具作製や小さな造作のみのオーダーもこちらからどうぞ。
土地からお探しの場合には購入前にご相談頂ければ事前の現場視察も行います。


 

02. ヒアリング

実際にお会いし、お客様のご希望やお考え、ご予算などについてお聞きします。
私どもからの質問なども伺います。


 

03. 現場視察

建築用地である現場へ出向き、周辺環境や状況を把握致します。


 

04. プレゼンテーション

コンセプト、平面図等で全体の方向性を提示します。


 

05.基本設計から 確認打合せ

プレゼンテーション時に話し合った内容をふまえて調整しながら、ご納得いくまで検討・確認を繰り返します。
私どもとの間で方向性が決まれば次の工程に進みます。


 

06. 設計・工事監理契約

【住宅に関する設計の場合】お互いに方向性が一致した場合に私ども一級建築士事務所LTS設計との設計・監理に関する契約を取り交わして頂きます。

【非住宅に関する設計の場合】04. プレゼンテーションから05. 確認打合せの間にご契約を取り交わして頂きます。

*業務報酬(設計監理費用)については最初の相談時にお伝えさせていただきます


 

07. 実施設計

工事施工者が設計図書の内容を正確に読み取り、設計意図に合致した建築物の工事を的確におこなう為の詳細な図面を作製します。


 

08. 見積依頼

施工会社を選定して見積を依頼します。


 

09. 施工会社決定

「見積漏れの有無」「技術的に問題がないか」「金額の妥当性」等を検討した結果、お客様と相談の上で施工会社を決定します。
ご予算に近づけるための設計変更など最終的な調整を行います。
この時点で初めてお客様と施工会社の顔合わせが行われ、多くの場合、この時点で施工会社と工事請負契約を結ばれる事が多いです


 

10. 確認申請業務


 

11. 確定打合せ

お客様、私どもでいまいちど、図面の内容、見積の内容を確認致します

概ね把握ができたこの段階で最終調整を行います


 

12. 地鎮祭~着工


 

13. 設計監理

工事中の現場が図面通り進んでいるか、問題が発生した場合の対処等、現場監督と密にコンタクトをとりながら工事を進めていきます。


 

14. 竣工検査/お引き渡し

お客様、私ども、施工業者の3者で検査を行います。
図面通りできているか、仕上りの精度に問題ないか等の最終確認を行います。
その後にお客様へのお引き渡しとなります。


 

■相談からお引き渡しまでの期間について

多くの場合でお会いしてから、お引き渡しまで約13ヶ月から15ヶ月以上を要します

ただ、同時にお引き受けできる件数が限られていますので、タイミングによってはお引き受け後15カ月以上時間を要する場合があります。


※建築中・完成建築いずれも、承諾を頂ける場合にはwebsiteに写真などを掲載させて頂きます。