車通りの多い道に面しており、信号待ちの車からよく見渡せる、そんな開放的な敷地に対して、出来る限りのプライベートを確保した計画になっています
家族の間でも一定の距離感を保つ事が出来るよう配慮し、個人の時間も家族の時間も大切に出来るように設計を施しました

UThouse