約35年前に多くつくられたその時代特有の古く凡庸な設えから、これからの生活を楽しむためのデザインに大きく生まれ変わりました  

たとえば、今回の物件の当初の形態は3LDK
面積いかんによらず、部屋数が多い事をよしとする傾向があるけれど、実際にはどうだろう
少なくとも今回のリノベーションはまず、部屋数を減らす話から始まったぐらいだから


新しいマンションを手に入れる事も素敵だけど、こうやって自分の生活にあわせて自由にリノベーションしていくこともとても楽しい事だと思います
私たち設計事務所で出来る事はここまでで、あとは、完成した居室に住人の生活感や家具、彩りが加わり、気持ちよい生活が待っているだけです
私たちもこれからどのように彩られていくのかとても楽しみにしています

HOUSE / taisha